自分に自信をもつために、悩み解決は早めに!

自分に自信をもつために、悩み解決は早めに!

西洋では、宗教的儀式もあって、もともと赤ちゃんのときに、陰茎包皮を切除するのは普通です。ただし、これは宗教的意味もある他、ひとつのその国の通過儀礼、文化のようになっているところがあります。驚いたことに、アジア、アフリカ諸国では女性割礼というのがあり、つまり女性器を切除するのですが、これは女性虐待ということで、いまでは禁止されています。

 

女性の割礼は、ほとんど迷信のような、まったく意味のないものと推察されますが、男性の場合は、この割礼を受けることで、思春期に包茎の悩みなどをもつことがなくなります。ただでさえ、思春期の頃は、同年代と比べて性器が大きい小さいなどと悩み、また包茎であることで衛生面の懸念も出がちです。

 

もともとこの割礼の習慣は亜熱帯や乾燥地帯に住む人々の風習だったことから、衛生環境が悪化しがちな気候風土に住む人々の経験に基づく生活の知恵のようなものだったのではといわれます。その後、割礼は宗教と結びつき、一般化したものではないかと考えられています。

 

日本では、特別な宗教を信仰しているのでなければ、割礼の儀式をすることはないので、成人を迎えるまで包茎という人は結構多いのです。ただ、元々衛生面で起こった習慣といわれることから、なるべく早めに包茎手術を受けたほうが良いには違いありません。そして悩んでいる友人に、包茎手術のことをさりげなく話してあげてはいかがでしょうか。どうせ手術するなら、早いに越したことはありません。